精米したてのGABA米とおむすびのテイクアウト
HOME > おむすびのGABAについて

おむすびのGABAについて

  • おむすびのGABAについて
  • 美味しさの秘密
  • GABAってなに?
  • GABAライスってどんなお米?
  • どうやって作るの?

日本の精米機メーカー サタケが運営するおむすびショップ

おむすびのGABAは、日本で最初に動力精米機を開発した株式会社サタケが運営するおむすびショップです。

サタケは、「お米を、進化させる」「お米の力で、元気な人を創る」というコンセプトのもと、お米が本来持っている優れた栄養成分に着目し、美味しさと機能性を兼ね備えたGABAライスを開発しました。

サタケ 広島本社全景 おむすびのGABA 日本店 株式会社サタケ 基本情報

白米の美味しさ、炊きやすさ、食べやすさをあわせ持ち、栄養価の高いGABAライスで、毎日の食卓を美味しく彩りながら、健康な日々を楽しんでいただければ幸いです。

おむすびのGABAワイキキ
新鮮なお米本来のおいしさを、
ハワイでもお楽しみください!

おむすびのGABAワイキキでは、毎朝精米したてのGABA米を使用したおむすびをテイクアウトしていただけます。

また、玄米から白米までお好みの歩合に販売直前に精米いたします。

おむすびメニューGABA米のご購入

おむすびのGABA 美味しさの秘密

1 ワイキキ店で毎日精米!

ワイキキ店で毎日精米!

100%国産米(広島県産ヒノヒカリ)を原料に作られたGABA玄米を、日本から直接輸入し、毎朝ワイキキ店で炊く直前に精米しています。

お米も野菜と一緒。鮮度が高いほど美味しく、栄養価も高いのです。

2 炊き上がりへのこだわり

炊き上がりへのこだわり

その日精米したお米、気温、湿度などに合わせて、水の量もグラム単位で調節。

冷めても続くGABAライス特有のプチプチふっくらした食感、噛めば噛むほど甘みが出る美味しさを、ぜひお試しください!

GABA(ギャバ)ってなに?

GABAはアミノ酸の一種で発芽玄米、トマト、メロンなどに多く含まれています

GABAはアミノ酸の一種で、正式名称を【Gamma Amino Butyric Acid / γーアミノ酪酸 / ガンマ アミノラクサン】といいます。

体内で主に抑制系の神経伝達物質として、脳内の血流を活発にし脳細胞の代謝機能を高める働きがあることがわかっています。

血圧降下や精神状態と睡眠の質の改善による抗ストレス作用、更年期障害の緩和等の効能が報告*され、注目されている機能性栄養成分です。

*出典「穀物GABA富化装置を用いてGABA含有量を高めた北海道米「ゆめぴりか」の健康増進機能」吉田慎一、原本正文、水野英則、福田朋彦、田中藍子、西平順(ホクレン農総研、(株)サタケ、北海道情報大) 

GABAライスって、どんなお米?

GABAを玄米の約3倍、白米の約10倍含むGABAライス

GABAライスは、白米に精米しても栄養成分GABAを、白米の5~10倍含んでいるお米です。

原料の玄米を発芽させ、生成したGABAを胚芽部からお米の中へ移行させた、サタケの技術と自然の力でできるお米です。

見た目や炊きやすさ、食感は白米と同じ。玄米が苦手な人にも食べやすく、美味しさと栄養価の高さをあわせ持つ新しいタイプのお米がGABAライスです。

GABA米のご購入

PAGE TOP